2020年J1よく引き分けるチーム、よく負けるチーム・・・

2020年度のJ1、勝ちが多いチームはどこか? 負けが多いチームはどこか? ドロー(引き分け)が多いチームはどこか?

そのデータです。

※2020/12/17午前時点の情報に基づいています(随時更新中)。

よく勝つチーム
・川崎F ・G大阪 ・名古屋 ・C大阪 ・鹿島

よく負けるチーム
・清水 ・湘南 ・仙台 ・横浜FC

よく引き分けるチーム
・鳥栖

よく分からないチーム
・FC東京 ・柏 ・広島 ・横浜FM ・浦和 ・大分 ・神戸 ・札幌

よく勝つチーム

勝ち率(勝ち数÷試合数)が50%以上のチームは以下の5チーム。

基本、「勝ちパターン」を持っているチームと言ってよく、totoラーの「勝ち期待」にある程度以上に応えてくれるはず。

川崎F

25勝5分3敗

H勝敗

15勝1分1敗

A勝敗

10勝4分2敗

G大阪

20勝5分8敗

H勝敗

8勝2分6敗

A勝敗

12勝3分2敗

名古屋

18勝6分9敗

H勝敗

11勝3分2敗

A勝敗

7勝3分7敗

C大阪

18勝5分10敗

H勝敗

8勝4分5敗

A勝敗

10勝1分5敗

鹿島

18勝4分11敗

H勝敗

8勝4分4敗

A勝敗

10勝0分7敗


よく負けるチーム

負け率(負け数÷試合数)が50%以上のチームは以下の4チーム。

基本、「負けグセ」がついているチームといってよく、選手もサポーターも、負けている展開だと「今日もダメか・・・」になり、勝っていると浮足立つ・・・。

そして、最後には「やっぱり・・・」となることが多いチーム。

横浜FC

8勝6分19敗

H勝敗

5勝2分9敗

A勝敗

3勝4分10敗

仙台

6勝9分18敗

H勝敗

0勝6分10敗

A勝敗

6勝3分8敗

湘南

6勝8分19敗

H勝敗

4勝4分9敗

A勝敗

2勝4分10敗

清水

6勝7分20敗

H勝敗

4勝3分10敗

A勝敗

2勝4分10敗


よく引き分けるチーム

引き分け率(引き分け数÷試合数)が35%超のチームは以下の1チーム。

これら「引き分け力」のあるチームは、強いようでそれほど強くなく、あるいは、弱いようでそれほど弱くなかったりする。

これらのチームに対しては、先入観を持つことは禁物で、「1」や「2」の支持が多い時ほど「0」を抑えるべき。

鳥栖

7勝14分12敗

H勝敗

3勝6分7敗

A勝敗

4勝8分5敗


よく分からないチーム

勝ったり、負けたり、引き分けたりで忙しいチームは以下の8チーム。

totoラーを悩ませ、totoラーの人生の貴重な時間を蝕んで行く悪質なチーム。

これらのチームの勝敗から予想を展開することは避けるべし。

FC東京

16勝6分11敗

H勝敗

9勝0分7敗

A勝敗

7勝6分4敗

15勝7分11敗

H勝敗

5勝4分7敗

A勝敗

10勝3分4敗

広島

13勝9分11敗

H勝敗

7勝5分5敗

A勝敗

6勝4分6敗

横浜FM

14勝5分14敗

H勝敗

9勝2分6敗

A勝敗

5勝3分8敗

浦和

13勝7分13敗

H勝敗

5勝4分7敗

A勝敗

8勝3分6敗

大分

11勝9分13敗

H勝敗

5勝5分7敗

A勝敗

6勝4分6敗

神戸

9勝9分15敗

H勝敗

4勝5分8敗

A勝敗

5勝4分7敗

札幌

9勝9分15敗

H勝敗

5勝5分7敗

A勝敗

4勝4分8敗

スポンサードリンク

スポンサードリンク